帝王切開

帝王切開後の長引く傷あとの痛みを予防するセルフマッサージ

帝王切開の傷は一見治っているように見えても、傷のひきつれ感、お腹の張りを感じるときや排便のときの痛み、性交のときの痛みなど、日常生活の中で不快な痛みを経験している人がいます。長引く傷あとの痛みを予防するための産後1ヶ月からできるセルフマッサージについて解説しています。
授乳

乳首が痛い!授乳で乳首を傷つけないためにできること

乳首の痛みがあると授乳の時間が苦痛と感じることがあると思います。乳首の痛みをそのままにしておくと傷となり、それが乳腺炎を引き起こすきっかけとなることもあります。この記事では、乳首の痛みをできるだけ少なくできる授乳方法や痛みがあるときの対処法などを解説しています。
妊活

35歳からの妊活、パートナーと2人で知っておきたい大切なこと

妊活とは「妊娠に向けて意識的に行動をすること」年齢を重ねるごとに卵子の質の老化や精子力の低下することが分かっており、これらは妊活に大きな影響を与えています。妊活する上でお互いの身体のことを知るために必要なブライダルチェックや不妊検査について解説しています。
授乳

母乳は出過ぎもつらい、母乳分泌過多のときの対処法

母乳の出が少ないのではないかと母乳不足感で悩むママがいるのと同じように、母乳が出過ぎてつらいと感じているママもいます。この記事では、母乳分泌過多で悩むママが快適に母乳育児ができるよう、母乳分泌過多のときの授乳の工夫や対処法について解説しています。
帝王切開

きれいに治そう、帝王切開の傷あとのケア

帝王切開の後にできる傷。「痛い」「かゆい」の他にも「きれいに治るのかな?」「治るのにどれくらいかかるかな?」などの声も聞かれます。帝王切開の傷あとの治る経過や、お家でできる傷あとケア、傷あとケアに使えるテープの商品の紹介もしています。
帝王切開

傷は?痛みは?帝王切開は怖くない

5人に1人の妊婦さんが帝王切開で出産しています。しかしながら、母親学級や両親学級で帝王切開の話しに触れることは少ない現状にあります。妊娠の経過中や出産の経過中に帝王切開の方針となっても、できるだけ戸惑いが少ないように、帝王切開について解説しています。
赤ちゃん

おむつかぶれを早く治したい!お家でできる赤ちゃんのおしりケア

赤ちゃんはうんちやおしっこの回数が多いため、1日に何度もおむつ交換をするようになります。お尻を拭くたび皮膚に刺激が加わり、おむつかぶれになりやすい状態にあります。この記事では、おむつかぶれの予防やおむつかぶれになっても早く治すためにできることを解説しています。
赤ちゃん

もちもちすべすべの肌になる、赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんのお肌は薄くてデリケート。生まれてからすぐ始まるスキンケア、ママからの相談でもよく聞かれる内容です。赤ちゃんの肌の特徴を知って肌トラブルが少なく過ごせるようにスキンケアについて解説しています。
卒乳・断乳

おっぱいバイバイ。卒乳・断乳のときアンパンマンの絵を描きますか?

卒乳・断乳をするときに、アンパンマンの絵をおっぱいに描くことを耳にしたことはありませんか?「アンパンマンを描く?or描かない?」スムーズに母乳育児を終えられるためにはどうしたらいいのかについての解説と卒乳に向けてのおすすめの絵本の紹介をしています。
仕事復帰と母乳育児

仕事復帰後の母乳育児、続ける?搾乳どうする?

仕事をしながら母乳育児を続けたい働くママへ。乳腺炎などのトラブルを起こすことなく、ママと赤ちゃんが満足して母乳育児が続けられるように、搾乳の方法や搾母乳の保存の方法なども解説しています。
タイトルとURLをコピーしました