プロフィール

プロフィール

自己紹介

はじめまして、しゃのんです。

□フリーランス助産師(助産師歴20年)
□数秘、タロット、オラクルカード、レイキヒーリングを使ったセッション
□webライター

として肩書きにとらわれることなく働いています。

まずは、わたしの経歴について簡単にお話ししますね。

勤務助産師からフリーランス助産師へ

助産師人生の始まりは、地元の総合病院の周産期センターでした。

ここは本当にドラマの「コウノトリ」並みな職場で、正常経過から緊急事例まで、たくさんの症例を学ばせてもらいました。
当時は修行みたいで仕事が辛くてしんどくて逃げ出したい毎日だったけど、ここでの経験があったからこそ今があると心から感謝しています。

ストレスにやられ「ここでずっと働くのはしんどいなぁ」と思っていたときに、その当時大好きだったエアロビクスがきっかけで、マタニティフィットネスというものに出会いました。

マタニティフィットネスの講習に東京まで通い、「楽しい!」その勢いで資格取得し転職を決意。

次に働いた病院は、規模は小さめでマタニティクラスが充実しており、先輩の助産師さんと一緒にマタニティフィットネスを含めクラス運営を楽しみました。

がしかし、、、
働き始めて2年ほどで、大人たちの様々な事情によって病院がなくなる事態になりました。
お産もゆったり関われたし、クラス運営も楽しいし、ここはわたしが一番心地よいペースで働けた場所だと思っていたので、とってもショック!

と、、、落ち込んでいる間はなく
ちょうどわたしのライフステージ上では結婚することが決まっており、次の職場を見つけなければ!と急いで転職先を探すことになりました。

この次に勤めた職場は、新人のときにお世話になったプリセプターさんにつなげていただけたので感謝です。
ただ、「めっちゃ忙しいよ、、、」との言葉は気になっていましたが。

地域では有名な老舗の個人病院、年間分娩件数が1000件以上。
多忙極まりない職場で体力消耗、人間関係にも疲弊してしまいました。

そんな忙しい中でも「自分にできることは何か?」と問いを持ちながら過ごし、自分探しに自己啓発を学んだり母乳育児について学びフットワーク軽く動いていました。

この時期に出会った海外でドゥーラとして働く女性が、わたしの人生を動かしていくきっかけとなりました。

わたしは助産師という仕事が好きで、出産が好きで(怖いけど)天職だと信じ働いていた。
だけど、あまりの多忙さに次第に心と身体が疲弊してしまい、家族関係もごちゃごちゃ、自分を責めることも多くあリました。

少し働くペースを落として自分を大切にしたいと心から想ったこと、妊婦さんやママに寄り添うケアをしたいという想いから、フリーの助産師として活動することになりました。

わたしが大切にしていることは「その人の持つ力を信じること」

わたしたち女性には、「命を授かる力、育む力、産み育てる力、生きる力」があります。
女性がそれらの力を最大限に発揮して、生き生きと自分の人生を楽しめるように精一杯サポートさせていただこうと心に決めました。

そもそもなんで助産師になったのか?

そもそも、わたしの母が助産師だった。
実際に働いている姿は見たことがなかったものの、赤ちゃんを見るその眼差しはとっても温かかったなぁという記憶があります。
そんな背中を見ていた影響もあるんだと思っています。

わたしが学生の時代には、高校の衛生看護科っていうのがあって、看護師になるためのステップを歩む専門科があったんです。中学生のときに「看護師になりたい」と思って、衛生看護科へ進学し、その後看護科の短大へ進学し看護師免許を取得しました。

その後、赤ちゃんが好きだし「専門性のあるところで働きたい」という思いもあって京都の助産学校へ進学し助産師免許を取得しました。

助産師学校は、本当に(マジで)大変だった。
今では笑い話ですが、その当時は勉強も実習もどんな言葉で言い表したらいいか分からないくらい大変だった。

働き方は変わったものの、20年も助産師を続けていられるんだから、「この仕事は向いているんだろうな」と思っています。

助産師×見えない世界のこと

Body(身体)・Mind(心)・Spirit(魂)でわたしたちは成り立っていると考えられています。
スピリチュアルの部分は決して切り離すことのできない、人が「しあわせに生きることの本質」だとわたしは思っています。

見える力より見えないものの力の方が断然大きいわけで、そういった部分を
数秘やタロット・オラクルカード、レイキヒーリングを使って、人生の後押しをするお手伝いや癒しを提供しています。

数秘は、生まれた日から導き出す数字で、その人の使命や素質などを読み解いていきます。
自己理解・他者理解ができると、人間関係がずいぶん楽になるし、自分の傾向や活かし方が分かると無理をしなくなります。

わたしはこの数秘と出会って、自分に合った生き方を選べるようになりました。

タロット・オラクルカードのセッションは、脳科学や心理学、量子力学の視点からもお話しをしています。
カードというツールを使って対話し、自分ではうまく言い表せない心の中のモヤモヤを言語化するお手伝いをしています。

お手当は、お腹が痛いときにそっとお腹に手を当てて痛みを和らげるのと同じような、「ほっとしてゆるむ」やさしい手技です。
女性のライフサイクルは、ホルモンの影響もあり感情の波を大きく感じることがあります。
ストレスが多くかかることで引き起こされる身体や心の不調を癒していきます。

ご相談に来られるのは、子育てや子どもの不登校に悩むママ、夫婦のパートナーシップや家族関係に悩む人、自分の今後のキャリアを考えて働き方に悩む人、などさまざまです。

わたしたち女性のライフステージには、その時々で大きな変化があります。

□赤ちゃんを授かること
□産み方や産む場所に関係なく満足のいく出産をすること
□産後うつを予防して子育て期を穏やかに過ごすこと
□産む産まないに関係なく自分らしい人生を歩むこと

「どんな人生を歩んだとしてもオッケー」と思えるような女性が増え、自分の人生を楽しんでもらえたらいいな、と思っています。

助産師×webライター

「文字で寄り添う助産師」として、ライター業もやっています。

きっかけは、以前書いていたブログを読んでいた友人が、コラム執筆の仕事を依頼してくれたこと。

専門分野は、妊活/妊娠/出産/子育て/性教育/女性の健康など
助産師としての経験と知識をもとに、根拠に基づいた記事、初めて読む人にも分かりやすい記事を執筆・監修することを心がけています。

活動実績
webサイトの子育てコラム
プレママ向けのサイトのwebコラム
周産期に関する記事の執筆・監修

執筆・記事監修の依頼がありましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

このブログでお届けしたいこと

「妊活から妊娠・出産・子育てまで、その後の人生も自分らしく生きる」
これはわたしが掲げているメッセージです。

このブログを通して、それぞれのライフサイクルにある女性が正しい情報をまず知ることから始まり、悩みや迷いがあっても自ら選択したことを信じ、前に進んでいくことが出来るように、情報を発信していきたいと想っています。

質問やコメント頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

タイトルとURLをコピーしました