傷は?痛みは?帝王切開は怖くない

傷は?痛みは?帝王切開は怖くない

出産の方法には経膣けいちつ分娩と帝王切開があります。

しかしながら、母親学級や両親学級などの産前教室では、帝王切開の話しを聞くことはほとんどありません。

そのため、妊娠経過の途中や分娩の最中に急に「帝王切開になります」と言われると戸惑うことが多くあります。

この記事では、帝王切開の予定となってもできるだけ不安が少なく、あなたにとっての「いいお産」ができるように、どの妊婦さんにも知っていて欲しい「帝王切開」について解説していきます。

帝王切開とは

帝王切開とは、ママのお腹と子宮を切開して赤ちゃんを取り出す手術です。

世間では「帝王切開は楽だ」と言われて傷ついたり、「下から(経膣分娩で)産めなかった」「帝王切開で産んだことを未だに言えない」など、ネガティブな思いを抱えているママもいます。

出産は経膣分娩であっても帝王切開であっても、自分の命をかけてした素晴らしい出産です。

これから帝王切開をする予定の妊婦さんも帝王切開を経験したママも胸を張って欲しいと思っています。

帝王切開には「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」のふたつがあります。以下解説していきますね。

予定帝王切開

妊娠の経過からみて、経膣分娩よりも帝王切開の方が安全に出産できると判断された場合に選択されます。

事前に手術のスケジュールを組んで、計画的に行われます。

陣痛が来る前の妊娠37週〜38週に手術を行うことが多いです。

あらかじめ予定が分かっているので、医師や助産師から手術の流れの説明を受けることができたり、分からないことや不安なことは質問ができたりして、心の準備がしやすいです。

緊急帝王切開

経膣分娩を予定していたけれど、妊娠の経過中や分娩の最中に何らかの理由で経膣分娩が難しいと判断されたり、ママと赤ちゃんの命のために、緊急で手術をしないといけないと判断された場合に行われます。

緊急を要しているため、帝王切開が決定してから手術が始まるまで、手術の説明や身体の処置など全てのことがいっぺんに進んでいきます。

どんなときに帝王切開になる?

人生で経験する手術が帝王切開が初めて、ということは少なくありません。

そして、緊急帝王切開となると手術までの時間があっという間に進んでしまうので、緊張や不安が大きく、「産んだ気がしない」というママの声も聞くことがあります。

妊娠の経過中や出産の経過中に何かあれば、どの妊婦さんにも帝王切開になる可能性がある、ということを知っておく必要があります。

帝王切開の適応


出典:竹内正人 細田恭子 横手直美 編著 「ママのための帝王切開の本」 中央法規 2013 p7

タテなの?ヨコなの?お腹の切開の仕方

赤ちゃんの頭は身体の中でも大きな部分、直径10cmほどの大きさです。

その頭が出せる10cm程度の切開をお腹に入れます。

切開の仕方は、その病院の方針や手術の緊急度、前回の帝王切開の切開部位によって変わってきます。

最近では、横切開を選択されることが多くなっています。

【縦切開】
傷が目立ちやすい

【横切開】
ビキニラインを切開するので傷が目立ちにくい

痛みのコントロール

手術後の痛みには、切開した傷の痛みと赤ちゃんが生まれた後に子宮がもとの大きさに戻るための後陣痛のふたつがあります。

手術の時の麻酔が硬膜外麻酔の場合には、手術後も痛みのコントロールがしやすいです。

※硬膜外麻酔とは、手術の前の麻酔の時に背中に針を刺し、1mmほどの細いチューブを入れておきます。手術の後も痛み止めが持続的に入るようになっています。

病院によっては、注射や飲み薬を使用して痛みを和らげるようにしています。

「痛くなったら呼んでね」と言われると思いますので、痛くなったら遠慮せずに看護師さんや助産師さんに言いましょう。

遠慮している間に痛みが強くなって、痛み止めが効きづらくなってきます。

ためらわずにナースコールで呼びましょう。

傷あとの手当て

手術した後の傷は、医療用のホチキスが使用されていたり、専用のテープで固定されていたり、手術の糸で縫い合わせたりしています。

体質や切開の方法により人それぞれではありますが、できるだけ傷がきれいに治るようにケアしていきたいものです。

傷の手当てには、紙絆創膏や、帝王切開の傷あとケア用の市販のテープを使用して、傷を保護します。

退院する頃にケアを始めて、6ヶ月は続けるようにしましょう。

傷あとケアについてはこちらに書いています。

まとめ

この記事では、帝王切開について解説してきました。

帝王切開は出産方法のひとつ。今では5人に1人の妊婦さんは帝王切開で出産しています。

経膣分娩と同じように帝王切開についても学び、少しでも不安が少なく出産に臨めることを願っています。

ぜひ参考になると嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました